春ウコンとは何か

ウコンはショウガの1種で、茎が食用になります。その黄色い色が鬱金(ウツコン)と呼ばれ、それがなまってウコンになりました。ウコンには、春ウコン、秋 ウコン、紫ウコンの3種類があります。3つは似ているというより、むしろ違う植物と考えた方がよいようです。 春ウコン効能が期待されている理由として「精油成分が多い」ということが挙げられます。ここでは、その具体的な成分名をいくつか挙げながら解説していきます。まず多く含まれるのが、フラボノイドです。最近薬局などでよく目にする成分名ですが、これは別名「ビタミンP」とも言い ます。血管の壁部分に対して直接働きかけ、これの弱体化した部分を強化する働きがあると言われています。また、これにより、硬直化した血管をやわらかくする作用(弾力化作用)があると言われています。また、血管の健康促進につながることから、血流が関係する多くの症状に改善効果があると期待され、よく報告される例では、アトピーや喘息などの症状にも効果を及ぼすと思われています。他にもターメロンという成分も多く含んでいます。ターメリックとよく似た名前の成分ですが、これは胆汁の分泌を促進すると言われています。そのため、悪質な一部の寄生虫を寄せ付けない効果が期待されています。これらの精油成分が、春ウコン効能が期待される背景にあるようです。 正式名称は姜黄(キョウオウ)と呼ばれているウコンで、春にピンク色の花を咲かせることから名前が付きました。クルクミンよりも精油成分やミネラルの方が多く含まれており、秋ウコンよりもオールマイティな効果があるようです。 健胃作用や血圧降下作用に加え、頭痛や眩暈、十二指腸潰瘍やガン関節炎症など、効能を見るだけでもそれが分かりますね。ほかにも、炎症や殺菌に効果があるターメロンをはじめとした精油成分、ミネラル、フラボノイドや食物繊維など、さまざまな成分が含まれています。 また生産量が少ないために、その希少価値は高いようです。 有効成分 クルクミン:胆汁の分泌を促進、利尿作用、抗酸化作用、抗炎症作用、コレステロール減少作用 シネオール:胆汁・胃液の分泌の促進。殺菌作用。 カンファー:健胃・殺菌効果が報告されている。 ターメロン:利胆作用、抗菌作用、抗炎症作用 クルクモール:抗腫瘍作用 β−エレメン:腫瘍の増殖を抑える これらの「精油成分」は秋ウコンにはあまり含まれていないため、近年では「薬効を期待するなら春ウコン」というのが定説になってきました。 効能 糖尿病改善/肝障害改善/胃腸障害改善/せんそく改善/便秘改善/ガン予防 結柿予防/二日酔い予防/高血圧予防 糖尿改善 色素成分のクルクミンの抗酸化作用、コレステロール減少作用で糖尿病を改善します。 肝障害改善 クーメロンをはじめとした精油成分が、胆汁の分泌を促進し肝臓の働きを活発にします。 コレステロール値低下作用 精油成分の利胆作用により、高くなりすぎたコレステロール値を下げるといわれています。 高血圧予防 カルシウムをはじめとしたミネラル類の働きにより、血流を整え高血圧を予防します。 ウコンにはいろいろな種類がありますが、中でも春ウコンはミネラルと精油成分が豊富だといわれています。 ウコンが生育する場所は清流や浄化された土壌があるところで、雑菌の多いところでは生育しません。また、ウコンは亜熱帯地方が原産地のショウガ科の多年草 ですが、霜に打たれると即座に枯れてしまいます。そのため、日本では沖縄、奄美大島、屋久島、種子島でおもに栽培されております。ガン予防と治療(末期がんでも治る?)なら春ウコンの摂取が良いらしい。 多くの種類の癌にも、春ウコン効能が期待されています。部位でいうと、直腸、大腸、肺、肝臓、胃などのかなり多くの部位で、春ウコン(姜黄)が効き目を挙げたので はないかと考えられる研究成果が多数報告されています。実際、抗癌剤を投与しても効果がなく、むしろ症状が悪化し、医師からの半ば見捨てられていたような 症状の方が、春ウコンの服用によって回復した例がいくつもあると言われています。 春ウコンでガンにならない体になる!すでにガンに侵されている方でもかなりの確率で完治できる!まさにガン治療の決定版なのだ。